OUTFLOW(アウトフロー)Live157はパウダーもピステンも調子の良いマジックボード

snowboarding

前々からずっと気になっていたOUTFLOWスノーボード

2021年から地元福岡のスノーボードメンタルショップ「A CHARM」で、OUTFLOWの取り扱いを開始したので、勢いで「Live157」をオーダー。

今シーズン北海道で初おろししたところ、パウダーでもピステンでも、あらゆる環境の中でも抜群な性能を発揮してくれるマジックボードだったよ。

OUTFLOWとは

長野は大町を拠点としたスノーボードブランド。

ファウンダーは西山勇(以後勇くん)。Green Clothingにもサポートされているコアなライダー。

白馬を訪れた際には一緒に滑ることもあり、しかもかなりピースな人。

大好きなライダーのひとりだ。

 

公式サイト

OUTFLOW SNOWBOARDS | アウトフロウスノーボード
OUTFLOWのホームページです。

公式インスタグラム

OUTFLOWsnowboards (@outflowsnowboards) • Instagram photos and videos
2,630 Followers, 113 Following, 456 Posts - See Instagram photos and videos from OUTFLOWsnowboards (@outflowsnowboards)

 

PR

2021/2022 OUTFLOW snowboards アウトフロー スノーボード Live 157 Option Graphite sole

 

購入にあたって

今回購入するにあたり、試乗はしていないボードだったので、勇くんにメッセで乗り味を質問したところ、かなり感触の良い回答を得ることができた。

流石プロ。
わかってらっしゃいますね♪

さっそく「A CHARM」マナベさんに連絡をとり、無事に予約する運びとなった。

ACHARM (@acharm_real) • Instagram photos and videos
1,558 Followers, 1,536 Following, 659 Posts - See Instagram photos and videos from ACHARM (@acharm_real)

 

ボードスペック

公式サイト情報

15周年記念モデルとしてリリースされたプロモデル”Live 157”21-22モデルでは余裕の高速安定性に加へ、操作性もアップ。

そして来季モデルはソールオプションとして、通常のカラーソール・モデル、又は高品質なグラファイト・ソールからお好きなモデルをオーダー可能です。

ロングノーズがもたらすパウダースノー での浮力と、ターン後半のキレのある抜けを考慮しダイアモンド・スカッシュテールを配置。

最高の突破力を備え、フリースタイルからパウダーフリーライドをボーダレスに横断するOUTFLOWのフラッグシップモデル。

  • LENGTH 1570mm
  • EFECTIVE EDGE 1190mm
  • NOSE LENGTH 270mm
  • TAIL LENGTH 110mm
  • WAIST WIDTH 252mm

 

詳細を実機で確認

ノーズとテールは、太めの設計。
特にテールが太いね。ターン後半のキレのある抜けはこの形状が影響しているのか??

 

 

ノーズ

 

テール

 

裏面ロゴ

 

ビンディング接続面

どこがセンターかわからない笑
自分のスタンス幅で決めちゃいました。

 

キャンバー

センターより、やや後ろにキャンバーがはいってて、Gentemstickのアクセルキャンバーに似ている。

 

グラフィック

今回はハワイのアーティスト「Dover Abrams」のグラフィック
このグラフィックにも惹かれたんだよなぁ♪

Dover Abrams (@doversart) • Instagram photos and videos
976 Followers, 626 Following, 769 Posts - See Instagram photos and videos from Dover Abrams (@doversart)

 

競合となるボード

Gentemstickであれば、初期型しか乗ったことはないが間違いなく「STINGRAY」

  1. 重さ:「STINGRAY」のほうがかなり重い。
  2. 硬さ:「STINGRAY」のほうが若干硬めな感じ。
  3. 取り回し:ほぼ同等。
  4. 価格:「Live157」のほうが2万ほど高め。

くらいかな。
あくまでも個人の感覚なので、参考程度に考えていただけると。

gentemディーラーも御用達!チューンナップファクトリー バツグン(batsugun)で購入後15年経過したボードをよみがえらせてもらった!
ゲンテンスティック(gentemstick)のボードに乗り出してはや15年。 最初に購入したボード、フローター161がやはり一番安定して乗れるボードだ! しかし、長年乗っていることによりソールの痛みがひどくなってきたので、平塚にあるチューンナップファクトリー バツグン(batsugun)さんにリペアとチューンナップをお願いしてみた。

とはいえ結局、自分が気にいったボードが一番良いことには間違いない!

 

実際に滑ってみる

旭川の幌加内(ほろたち)バックカントリーと富良野スキー場で試してみた。

 

幌加内バックカントリー

最高の雪質で最高な斜面。
雪の深い軽めのパウダーだったが、浮力も充分あり、全くストレスもなく快適なクルージングだった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フラットよんでね(@flat_yondene)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

フラットよんでね(@flat_yondene)がシェアした投稿

 

 

富良野スキー場

朝イチ、誰もいない荒れていないピステンで滑走。

高速スピードでもスムーズにターンができ、ターン後半の抜けもピカイチ!

硬い雪面だったが、ボードが衝撃を適度に吸収してくれて、フレックスの良さも実感。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フラットよんでね(@flat_yondene)がシェアした投稿

 

まとめ

久しぶりにGentemstick以外のボードを購入したわけだが、OUTFLOWのボードは、Gentemstickとはまた違った乗り味

そして、デザインもたまらなく好きになったLive157。
マジックボードになる予感♪

今シーズン、かなり乗るボードになりそうだ!

最後に、、、
勇くん、A CHARMのマナベさん、アドバイスありがとうございました。

 

合わせて読みたい。
リキッドワックス革命!20分で完了!コスラボワックス(COSLABO WAX)のLIQUID THE BASEを試してみた。
最近評判になっているリキッドワックス(COSLABO WAX)LIQUID THE BASEを試してみたところ、ものの20分ほどでホットワックスをかけたが如く、ソールが生き返った。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました