石垣島で早朝のビーチクリーンは最高に気持ち良い♪

domestic

石垣島に数年前より移住している20年来の友人が、2020年7月より毎日実施しているビーチクリーンに参加してみると、漂着ごみが大量に打ち上げられている悲しい現実に直面。

少しでも貢献できればと思い、毎日やってみた。

漂着ゴミの悲しい現実

ビーチに到着すると、大量の漂着ゴミが散乱していた。離島なので、常にゴミが漂着しているらしい。他のビーチも同様だ。

離島の悲しい現実がここにあった。

 

白保海岸は世界的にも有名なアオサンゴ保護地

 

保護地のいたるところに漂流ゴミが散乱している。

 

実際にやってみた

実はこれがめちゃくちゃ面白い!

漂着ゴミの中でも特にペットボトルが自然にとって大きなの害(自然に戻ることのないゴミ)になるので、ペットボトルを中心に拾っていく

 

おっさんなのんで、準備体操はしっかりと。

 

毎日違ったサンライズを拝めます!

 

 

烏賊の骨や得体のしれない骨(漂流ゴミ)と一緒に記念撮影。

 

いろんなものが漂着

漂着コレクション

主に中国や台湾からの漂流ゴミが多いが、遠くはフィリピンからの漂着ゴミもあった。

いろんなパッケージを集めても良いかも〜。

 

フィリピンからの漂着物

 

大型のブイも

 

大木もどこからか漂着していた。

 

拾ったゴミは石垣市が回収してくれる

石垣島はエコが進んでいて、事前に市役所に届け出をし、ボランティア用の袋でゴミを拾い、届け出しておいた場所に置いておくと市が無料で回収してくれるというものだ。

まさに生きた税金の使い方だ。

 

ボランティア用のゴミ袋

 

ボランティア清掃|石垣市
市では、市民の皆さまなどが行うボランティア清掃活動を支援するため、専用ごみ袋や軍手の支給を行っています。【清掃場所の範囲】海岸、幹線道路などの公共の場所 <対象外> 公園、拝所、御嶽、公民館など特定の施設管理者等がいる場所や、ヤーヌマーリ(家の回り)の清掃は対象になりません。【支援の内容】(...

 

自然からのご褒美(サンライズ)

早朝に実施するので、毎日違ったサンライズ(朝日)を拝めることができ、心も身体も浄化された気持ちになる。

日の出とともに入水するサーフィンと同じ感覚だ!

 

インスタの裏側。

まとめ

石垣島に訪れる機会があったら、一度でもいいのでビーチクリーンに参加し、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでほしい。

ひとりひとりの小さな活動がこの地球環境を変えていくと思う。

Error

 


石垣島高校生の島そうじ ~2040年の17歳へ~

石垣島高校生の島そうじ ~2040年の17歳へ~ - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)
石垣島の美しい海を守って、島を盛り上げようと地元高校生たちが、誰もが楽しめるビーチクリーンとプラごみの製品化をを目指し、立ち上がりました。 - クラウドファンディング READYFOR

 

合わせて読みたい。
【Go To トラベルキャンペーン】まるで東南アジア??石垣島のゲストハウスを予約したら1泊1,200円だった!
2020年9月ころから、Go To トラベルキャンペーンも始まり、国内移動に限っての移動が可能になったことで、福岡から直行便が飛んでいる石垣島の往復チケットを確保。 Go To トラベルキャンペーン対象の宿を確保したところ、東南アジアばりの価格で驚愕したよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました