【動画あり】アリゾナ パウウェル湖でカヤック体験。壮大な景色に圧倒!

overseas

アリゾナとユタの州境に位置するパウウェル湖。アンテロープキャニオンの近くにあります。ここでカヤックができることをネットで見つけツアーに参加したところ、断崖絶壁を水面から見上げることができる壮大な景色に圧倒されました。

ショップ

パウウェル湖のカヤックツアーを実施している数店舗あるショップの中で、自分が選んだショップは「Lake Powell Paddleboards and Kayaks」というショップ。

Lake Powell Paddleboards and Kayaks -
VOTED BEST RENTALS AT LAKE POWELL! The Original Paddlesport Shop at Lake Powell We rent paddleboards, kayaks, and packrafts. We have paddling tours daily. We ar...

このショップは、オンラインでツアーの予約が可能なことと、インスタで素敵な写真を定期的にアップしていることで決めました。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
Paddleboarding at Lake Powell

 

ツアーの予約

予約はネットで可能です。ただしツアーは期間限定で、今季は、3月15日〜10月31日でした。レンタルは通年やっているらしいです。
予約は↓から可能です。

Lake Powell Paddleboards

 

当日の流れ

当日は、指定時間の15分〜20分前までに、ショップに行って受付を済ませます。その後、パウエル湖まで、各自で移動します。パウエル湖は国立公園のため、別途、入場料が必要です。自分は年間パスを持っていたので、カードを提示して無料で入場することができました。国立公園を数カ所まわる場合は、事前購入をオススメします。

Home - US Park Pass

 

ショップからパウエル湖までのマップ。
自分はマップだけでは不安だったので、GoogleMapにピンを立てて目的地まで向かいました。 

オフラインでも使えるGoogleMapの方法は、↓の記事に記載しています。

【アメリカレンタカー移動必見】快適に過ごせるアイテム7選
10年ぶりのアメリカ旅行で、1,750マイル(約2,800km)を運転しました。日本で言うと鹿児島から東京経由で北海道の根室までの距離に相当しました。この長距離移動中の車内で、快適に過ごせるよう必要なアイテム集めて見ました!

 

このポイントでガイドさんと落ち合いツアースタートとなります。ショップから15分〜20分くらいで到着します。

パウウェル湖 カヤックツアー

簡単な説明を受け、いよいよスタートです。
朝9時スタートだったので、風もなくスムーズに漕ぐことができました。

 

ツアーマップ。途中、Swim Areaに上陸して泳いだりすることもできました。

 

パウウェル湖を進んでいくと、すぐに断崖絶壁を下から見ることができます。壮大な景色に圧倒されますね。

 

携帯が濡れても大丈夫なように防水カバーは必須です。自分も日本から持参しました。

[PR]

lake powell kayak tour 2019
lake powell kayak tour 2019

 

ガイドさん。とても気さくな方で楽しかった〜♪

lake powell kayak tour 2019

 

カヤックでしか侵入することのできない岩の隙間にも入ることができました。 

 

休憩中は、同じツアーメンバーと交流も。

lake powell kayak tour 2019

 

Swim Areaに上陸。

 

ツアー終了後、ガイドさんとがっちり握手を交わす。

まとめ

壮大な景色とカヤックを体験でき、心からツアーに参加してよかったです。ホースシューベンドやアンテロープキャニオンを訪れる際は、ペイジで延泊し、カヤックツアーに参加することを絶対にオススメします!

住所:836 Vista Ave, Page, AZ 86040
営業時間:不明
定休日:不明
公式サイト:https://lakepowellpaddleboards.com/

 

合わせて読みたい。
【アメリカレンタカー移動必見】快適に過ごせるアイテム7選
10年ぶりのアメリカ旅行で、1,750マイル(約2,800km)を運転しました。日本で言うと鹿児島から東京経由で北海道の根室までの距離に相当しました。この長距離移動中の車内で、快適に過ごせるよう必要なアイテム集めて見ました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました