福岡・糸島にある老舗カフェ 「サンセット」の昔話満載の書籍でした!

fukuoka

福岡は糸島地区。九州はもちろんのこと、全国からも注目される地区となりましたが、その走りと言うか流れを作ったのは、二見ケ浦にある「サンセット」。この度、書籍化に伴い、少しばかり貢献させていただきました。「サンセット」を知っている人は必見ですね!

子供時代の糸島の海岸線

母方の実家が糸島あるので、物心がついたときには糸島通いが始まってました。当時は、道路もそんなに整備されてなく、実家から1時間半くらいかかってた記憶(現在は1時間ほど)があります。当時の海岸沿いには、野北の交差点(現在のハニー珈琲付近)を越え、海岸線を芥屋方面に進むと、「ウェストコースト志摩」って言うリゾートホテルがありました。(今は建物はなくサーフポイント名として残ってます)そこを越えると、「志摩中」があり、少し行くと、福岡サーフショップの老舗「コロニーサーフ」(プレハブ小屋時代)くらいしか建物はありませんでした。

二見ケ浦方面は、野北方面から「伊牟田」の信号を左折すると「西浦」までは、建物はおろか街灯すらない道路でした。

 

サンセットとの出会いとサンセットライブ

そんな中、90年にサンセットが誕生します。当時は高校生。親の車で夜二見周りで福岡方面に帰る際、あかりがぽつんとついていた記憶があります。雰囲気も独特で、怖い人がいる雰囲気でしたね。

それから、それとなくサンセットでライブが始まったということで、何度か行ったことがあります。現在の芥屋のビーチでは開催していない時です。当時は、今ほど大々的なイベントではなく、、、(フェスっていう言葉もない時代)会場との仕切りは、布っぽいので仕切られた感じで管理もゆるかったですね。そして、チケットも当然手売り。出店する飲食店や古着屋等で購入してました。

当時のエピソードがたくさん掲載されていて楽しかった。

 

サンセットライブのポスター(書籍より)

サンセットの影響力

そして現在、糸島にあるおしゃれな飲食店は、サンセットを卒業した方が経営されている店舗が多いことに驚きました。「プカプカキッチン」「ラスティックバーン」「御飯屋おはな」「ナッティ・トレッド」などなど、、、

朝イチ、
サンセット付近にある二見ヶ浦をドローンで撮影してきました!

二見ヶ浦 ドローン撮影 2019

 

まとめ

糸島という地域に多大な貢献をしているカフェだなと、この本を通して改めて感じました。

昔を知っている方はもちろん、知らない方も読んでみると、今までとは違ったサンセットを発見できるかも知れません。

最後に、資金調達(CAMPFIRE)や編集業務等ご尽力いただいた bunpei_yuge さんに大変感謝いたします。昔を思い出しながら、楽しく読ませていただきました。

[PR]

住所:〒819-0202 福岡県福岡市西区西ノ浦284
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定休
公式サイト:https://www.beachcafesunset-1990.com


#サンセットライブ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました