【YETI】プレミアムクーラーボックスのブランドはサーフシーンや音楽シーンを盛り上げてた!

media

「YETI」。高機能なアウトドア用クーラーボックスを手がけているアメリカのブランドに興味を持ちいろいろと調べてみると、サーフシーンや音楽シーンをサポートしてて「YETI」というブランドが大好きになってしまった。

YETIとは?

2012年設立の若い会社。

プレミアムクーラーボックスの先駆者として、あらゆる環境でも使用できるよう設計されている。

BUILT FOR THE WILD 」がブランドのキャッチコピーということでとにかく頑丈!

完全に玄人をターゲットにしたブランドである。

販売価格はブルジョア価格。。。

性能を極限に追求しているだけあって、価格には納得がいく。

そして、なんとニューヨーク証券取引所に上場もしていた!凄すぎる!

イエティ・ホールディングス【YETI】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス
イエティ・ホールディングス【YETI】の株価。NYSE(ニューヨーク証券取引所)とNASDAQに上場している全銘柄の株価やチャート、業績などを網羅。ADR日本株やランキングも充実しています。

 

さっそく、普段使いで大活躍するタンブラーを購入した。
レビューは次回。。。

 

サーフシーンへの貢献

サーフィンとのつながりも強く、WSL(World Surf League)の最高峰チャンピオンシップ・ツアー(CT)に参戦中のジョンジョン・フローレンスを2020年からサポートしている。

 

  • ジョンジョン・フローレンスの歴史(公式チャネルより)
John John Florence Surf Film Highlights 2011 – 2019

 

また、毎年バイロンベイのワテゴスで開催されている僕の大好きなサーフフェスティバル「Byron Bay Surf Festival」もスポンサードしており、AUSのサーフシーンにも貢献している。

  • Byron Bay Surf Festival
BBSF 2020
Byron Bay Surf Festival is an annual festival celebrating surf culture then and now. Each year brings a new smorgasbord of what's new in surf culture, celebrati...

日本人プロサーファー兼Youtuber「ゆうまxぴろたん 〜波と旅〜より」の動画にもブースの様子が紹介されてた。スタイリッシュな日本人フリーサーファー!!

【バイロンベイサーフフェスティバル!】ログクラスに急遽参戦!まずはラウンド1! ゆまぴろAUS編Ep.4

 

ちなみに、このフェスティバルには、ゴールドコーストに滞在していた2012年以降、ずっとお世話になっている「Surfers Country」も毎年出展している。

Surfers Country」ジュンくんに削ってもらった板

Surfers Country ミニシモンズ 5.4ft from バイロンベイ
バイロンベイ付近で活動しているSurfers Country カスタムボードのご紹介!

 

音楽シーンへの貢献

「The Midnight Hour」という音楽イベントをYETIが主催していて、サーフミュージックの先駆者「ジャックジョンソン」等も出演を果たしている。

センスの良い動きで好印象で、ブランディングにも大きく貢献している。
(すぐに影響された自分がそう笑)

YETI Presents | The Midnight Hour Episode 1: Jack Johnson
The Midnight Hour
The Midnight Hour is a never-before-seen look into the places, the people, and the detours that shaped an iconic group of musicians. Featuring Jack Johnson, Mar...

 

まとめ

「YETI」という会社。プレミアムクーラーボックスで成功を収め、上場まで果たしている優良企業。ブランディングも自分好み。

高機能なクーラーボックスがあれば、アウトドアライフも今よりさらに快適になるに違いない!!

欲しい!!!

 

合わせて読みたい。
ウッド仕様のオシャレなKONO式コーヒードリッパーをゲット!
2020年2月ころより新型インフルエンザ(コロナ)が世界的に大流行し、現在、リモートワークで勤務中である。元々コーヒー好きで、業務中でもコーヒーを欠かさず飲んでいたので、自宅でも美味しく飲める(しかもオシャレ)なコーヒードリッパーを探していたら、取手がウッド仕様のコーヒーポットに偶然遭遇。実際に手に取ってみても温かみのある素敵な商品だったよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました