ヨーロッパ(欧州)でeSIMを使ってみたいので調べてみた!

europe

海外ではスマホが使えると格段に利便性があがるので、必ずSIMカードを購している。

しかし、今までは物理的なSIMカードを購入していたので、必ず差し変えが必要となり面倒だった。

そこで、比較的新しい端末で使用可能な話題のeSIMを調べてみた。 

 

eSIMとは

従来のSIMカードは、物理的なSIMカードをスマホに挿入することで、通話や通信が行えるようになっていた。

一方eSIMは、元からスマホに内蔵されているので、全てオンラインで完結することができる。

よって、物理的なSIMカードを抜き差しすることなく、すぐにアクティベートし使用することが可能だ!

 

ヨーロッパで利用可能なeSIM

いろんなeSIMを検討していたところ、はるな | 旅する起業女子」さんがTweetした内容がとても参考になった。

ということで「Airalo」と「Nomad」の2社を調べてみた。

 

Airalo

特徴
  • 旅行者向けeSIMとしては知名度が一番ありそう
  • 国別、地域プラン、グローバルと3つの料金体系
  • サイトは日本語にも対応
  • 日本でも利用可能
  • 初回プロモ特典「MAME1319あり
Local and regional eSIMs for travellers - Airalo
Data packs with local rates. Manage your eSIMs and top-up on the go with Airalo.

 

Nomad

特徴
  • iOSのみ対応
  • 国別、地域プランと2つの料金体系
  • サイトは日本語非対応
  • 日本でも利用可能
  • 初回プロモ特典「MAME38RIあり
Nomad – Flexible mobile data as low as for 1GB
Data packs at local rates for instant connectivity · Popular Countries · Download Nomad iOS app to manage and top up your eSIMs anytime, anywhere.

 

オランダとフランクフルト(ドイツ)での利用を想定

オランダ渡航の際は、フランクフルト空港(ドイツ)でトランジットする予定。

22年7月現在、ヨーロッパの各空港はスタッフ不足による空港の混乱が続いている。。。

もしも、フランクフルト空港でのトランジットがスムーズにいかない場合は、空港で長時間待たされることになるので、ドイツとオランダで使用可能なeSIMを選択することとする。

 

料金比較

普段、自分のデータ使用量と滞在期間を考慮し、30日間10GBで比較してみた。

 

Airaloの料金形態

30日10GBで$37

 

Nomadの料金形態

30日10GBで$26

 

ということで、、、
料金だけを比較するとNomadのほうが格安だった。

ところで、充電する際の変換アダプターも、渡航前には揃えておきたいものだ!

 

まとめ

渡航までまだ時間があるので、現地の通信スピードなども調査して、現地で最適なネット環境を確保したいと思う。

 

合わせて読みたい。
人生初!ヨーロッパ(ドイツ、オランダ)いってきます♪
ヨーロッパ。オサレさんがたくさんいるイメージだが、今まであまり興味もなく訪問リストには入ってなかったのだが、この度、ANAのマイルで運良くチケットを確保できたので、人生初のヨーロッパ旅行にいってきます〜♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました