壱岐島のモンサンミッシェル!干潮時の小島神社に参拝してみた!

domestic

島全体が神の島と言われている壱岐島にも、モンサンミッシェルがあるということで、潮見表を干潮時刻に合わせて参拝してみたら、境内に神がいるような雰囲気だった。

 

場所

郷ノ浦港からクルマで20分くらい。
壱岐島は基本的に渋滞がないので、ほぼ正確な時間で移動が可能だ。

入り口がわかりにくいので、入り口の看板を見落とさないようにしよう。

 

境内へは、右回りで進んでいき、島の裏側から入っていく。

駐車場

駐車場は、だいたい7台ほど駐車することが可能。
訪れた日は、数人しかいなくほぼ貸し切りな状態だ。

 

干潮時しか参道が現れない

干潮時を狙って行かないと参道が現れないため、事前に潮見表をチェックして訪れる必要がある。

PR


道ができるまでの動画

日本のモンサンミッシェル「小島神社」恋愛成就 タイムラプス 長崎県壱岐島 日本遺産 内海湾

引用:壱岐砂浜図鑑

 

参道を渡って参拝してみた

海から現れた参道は硬い地盤のようで、砂に靴が埋まるようなこともなく普段通り歩くことが可能だ

 

参道が綺麗に海から現れた。歩いて進んでいく。

 

鳥居付近まで到着。

 

ここから、島を右回りで進んでいき境内の入り口まで向かう。

 

境内の入り口付近には、鳥居と灯籠が設置されていた。

 

鳥居をくぐって境内へ。
石で作られた階段を上がっていく。

 

この日は強風でかなり強い風が吹いていたにもかからわず、境内は木で覆われているため、全方向からの強風をキレイに交わしていた

神が本当にいるような感覚に襲われる。

 

島全体が神域なので、島内にある小石や小枝等は持ち帰らないようにしよう!

 

まとめ

潮の満ち引き次第で参道が現れる神社は、日本でもあまり例のない神社。

神々が宿る島として有名な壱岐島に訪れる際は、干潮時刻を事前にチェックして、参拝してほしい神社のひとつだ。

 

住所:長崎県壱岐市芦辺町諸吉二亦触1969番地
アクセス:郷ノ浦港からクルマで20分くらい
駐車場:あり

合わせて読みたい。
「洋食と珈琲の店トロル」の壱岐牛を使ったハンバーグカレーが最強だった!
壱岐島のグルメといえば海鮮と壱岐牛。どっちも堪能しないとね!ってことで、壱岐島に到着して最初のランチは、壱岐牛使ったハンバーグを食べに行ってみた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました