石垣島で臭みのないやぎ汁は地元民が愛する一休食堂で!

domestic

やぎ汁。奄美から沖縄地方で食べられている郷土料理

強烈な匂いがあるので今まで避けていたが、友人から「ここのやぎ汁は臭くないよ〜!」ということで、初トライしてきた。

 

場所

石垣市内からクルマで10分くらい。208号線をバンナ公園方面に向かうと右側に見えてくる。

外観。

看板が可愛い。

 

店の前には、1日2本しか止まらないバス停。

 

ロード用のバイクラックも常設のようだ。

 

店内

店内はウッド調で整えられてて、テーブル席とお座敷で食べることが可能。

密を避けるためか、テーブル席は間引いているようだった。

コロナ対策もバッチリだ。

 

昼時に訪れたのだが、観光客もいなく地元民で賑わってた。

 

メニュー

ランチメニューはいたってシンプル。

「やぎ系」「牛系」「豚系」「カレー」「八重山そば」の大きく5種類のみ。

飲み物も一通り揃ってた。

 

注文したもの

もちろんやぎ汁を注文。ご飯も追加で!

かなりの量。。。

 

よもぎで臭みを取っているのか、臭みもなく肉も柔らかい。

 

出汁をご飯を一緒に食べるとご飯に出汁が染みてさらに美味い!

予想と反してやぎ汁はうまかった〜♪

 

実は、一休食堂は牛そばも美味しいらしく、、、
ガレッジセールのゴリさんがYoutubeで紹介してた。

【沖縄/石垣島⑤】一休食堂の絶品『牛そば』にゴリ唸る

 

まとめ

ずっと抵抗感のあったやぎ汁。
一休食堂のやぎ汁は臭みもなく、難なく食べることができた。
しかも出汁が最高にうまかった。

やぎ汁に初チャレンジする食堂にはもってこいである。

次回は牛そばを食べてみようと思う。

 

住所:沖縄県石垣市石垣716-1
営業時間:11時~19時半
定休日:月曜日
駐車場:無料

合わせて読みたい。
石垣イチの繁華街美崎町で飲んだ後はメンガテーのおでん盛と八重山そばで〆
石垣イチの繁華街美崎町で飲んだ〆はここ。裏路地でひっそりと営業しているディープな場所。芸能人も多数来店している隠れた名店で〆てみた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました