四国最南端のサーフポイント「大岐の浜」でサーフィン♪

kochi

四国でサーフィン。

宮崎と同じ太平洋のうねりを敏感に拾うポイントとして有名。

今回は、四国最西端のメジャーポイントの大岐の浜でサーフィンしてきたよ。

 

行き方

四万十市からクルマで30分ほどにあるポイント。

メジャーなポイントとしては、四国最南端のポイントだと思われる。

無料の駐車場も完備

波チェックは、大岐の浜を一望できる展望台からチェックしよう!

 

駐車場からポイントまで

駐車場からビーチへは松林(防風林)を5分ほど歩くと到着する。

 

広い駐車場。

休日なのでたくさんのサーファーで賑わってた。

 

 

右の松林を進んでいく。

 

途中には、トイレやシャワー室(有料)も完備

 

建物の中にシャワーがある。

 

1回100円。

 

建物の外にも水(有料)があり水の確保も容易だ。

 

この水タンクを使っているのだけど、とにかく便利♪

 

この建物を過ぎると、すぐにビーチに到着する。

 

ポイントの特徴

このポイントは、とにかく広くて水の透明度は抜群!

また、ローカル色も強くなく、ビジターサーファーも広く受け入れているようだ。

 

当日は、コシハラ面ツルの極上コンディション。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

フラットよんでね(@flat_yondene)がシェアした投稿

 

ローカリズムは大切!

ポイントを訪れたときに目にしたのだが、一部のサーファーが、駐車場にどどーんとテントを張って我がもの顔だったり、店舗の前に路駐(駐禁取られてた)してたりしていた。

こういうのは、ほんとに辞めてほしいものだ。

 

ローカルの想いが書かれてたので一読してほしい。

日本ロングボード紀行 高知・大岐の浜 | NALU
四方を大海に囲まれた日本列島には、日々、大海原からうねりが押し寄せる。豊かな海岸線、峻嶺な山々から注ぐ大河に恵まれ、さまざまな波を生み出している。四季折々、津々

 

ローカルサーファーの活動

対立より対話、そして未来へ
大岐の浜 小学校サーフィン授業 大岐の浜でのメガソーラ発電施設の計画が中止になり、はや6年。
当時、大岐の浜を守りたいと、ローカルサーファーをはじめ全国の大岐の浜のファンが沢山の署名を集め、行政とも歩調をあわせながら、最終的に事業者の

 

大岐の浜 メガソーラー設置について

INTERVIEW-Vol.16 福永洋一 / 岡本 詠
4年ほど前、日本でも屈指の美しい砂浜と知られる大岐の浜で、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の設置計画が持ち上がった。結果、地元のサーファーを始め地元住民の地道な反対運動で計画は中止になった。その活動の中心となった二人のサーファー福永洋一さ

 

まとめ

極上の波と充実した施設。

水の透明度もトップクラス。

福岡からは遠いけど、また機会を見つけて必ず訪れたいポイント。

ローカリズムを大切に楽しくサーフィンをしよう。

 

 

住所:〒787-0301 高知県土佐清水市大岐
アクセス:四万十市街からクルマで30分くらい
駐車場:あり(無料)

合わせて読みたい。
四国サーフトリップの夜は四万十市にある「コの字サカバ mihoki」で旬の魚介類とお鮨を堪能♪
四国西部を流れる四万十川河口付近にある四万十市。 観光客の多くは、お遍路さんや四万十川のアクティビティで訪れる場所。 四国と言えば、カツオに代表されるように魚介類が有名♪ ということで、インスタで探した「コの字サカバ mihoki」を訪れたら、初めて食べる魚介類や創作料理、お鮨が旨すぎたよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました