スターフライヤー(STAR FLYER)の機内はいろいろと快適だった!

domestic

飛行機を利用する際は、いつもANAの便を利用するのだが、ANAと提携しているスターフライヤーを利用してみたら、いろいろと快適だったのでご紹介。

スターフライヤーとは

2002年に「神戸航空株式会社」として設立。2006年3月に北九州空港の移転と同時に東京国際空港(羽田空港)との間の路線運航を開始した。さらに、2007年9月14日から東京/羽田 – 大阪/関西線、2011年7月1日から東京/羽田 – 福岡線、2012年7月12日から北九州 – 釜山線、2013年10月1日から大阪/関西 – 福岡線、2014年3月30日から名古屋/中部 – 福岡線、2014年10月26日から東京/羽田 – 山口宇部線をそれぞれ運航開始した。北九州市を拠点とする航空会社として、TOTO・安川電機・九州電力など、福岡県・北九州市の地場企業からの出資を受けている。

※wikipediaより引用

スターフライヤー - Wikipedia

 

公式youtubeチャンネル。

スターフライヤ―PR動画(機内篇①)

福岡・北九州便が多いが、名古屋や大阪便もあるみたい。最近は、国際線も就航しているようだ。

時刻表(国内線) | スターフライヤー
【スターフライヤー】時刻表(国内線)をご案内。スターフライヤー(SFJ)は全便・全席レザーシート&座席が広く、全席モニターと電源付!国内線の航空券の予約・購入、空席照会、運賃照会は当サイトから。

 

航空会社では今やマストアイテムのアプリも配信中。早速ダウンロードしてみた。使い勝手はいかに、、、

スターフライヤー公式アプリ | マイレージ会員 | スターフライヤー
スターフライヤー公式アプリのご紹介。スターフライヤー(SFJ)は全便・全席レザーシート&座席が広く、全席モニターと電源付!国内線の航空券の予約・購入、空席照会、運賃照会は当サイトから。

 

使用機体

黒を貴重とした落ち着きのある塗装。JALやANAとはあきらかに雰囲気が違う。機体はA320。LCC多く使用されている機体。メンテナンス性が良いのだろう。

 

機内の雰囲気

座席は全て本革シートにパーソナルモニター付きと豪華!

 

本革シートでリッチな気分に。座り心地も快適だった。

 

座席スペースは、JALやANAと違って、かなりゆったりとした作り。飛行機移動は、このスペースの広さが一番大事だったりする。

 

そして足置きも!

 

パーソナルモニター。リモコン付き。

 

配信メニュー一覧。
VIDEOの種類は、映画やニュース等いろんなチャンネルが配信されており、機内では快適な時間を過ごせそう。

 

旅行のワクワク感に駆られる飛行マップ。何気に一番好きなチャンネルだったりする。

 

USBコンセントも各座席ごと完備。

 

機内安全ビデオに登場するスターフライヤーマン。かっこいい!

STARFLYER スターフライヤー 機内安全ビデオ スターフライヤーマン 星悅航空

 

機内サービス

機内で配布するコーヒーはタリーズ社と共同開発。抜かりない。付属のチョコレートも共同開発らしい。コーヒー以外にも、スープやお茶などひと通り揃っていた。

飛行機内のお飲物・アメニティのご案内(国内線) | スターフライヤー
【スターフライヤー】飛行機内のお飲物・アメニティのご案内(国内線)。スターフライヤー(SFJ)は全便・全席レザーシート&座席が広く、全席モニターと電源付!国内線の往復・片道航空券の予約・購入、空席照会、運賃照会は当サイトから。

 

まとめ

LCCが就航したとこで、今やレガシー航空会社もサービスの簡素化が進んでいる時代。そんな状況にもかからわず、他航空会社にはないきめ細かなサービスを提供しているスターフライヤーには脱帽ものである。西日本に行く機会があれば、ぜひ体験して欲しいものである。

 

[PR]
長距離移動にはやっぱりネックピローが必須。

合わせて読みたい。
【タイムラプス】伊丹空港から福岡空港まで動画撮影しました
大阪からの出張で日中に福岡に帰る機会があったので、タイムラプスで撮影してみました。タイムラプスはハマる!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました